小顔になるために|コンプレックスは消すことが出来る|美容外科の有効活用

コンプレックスは消すことが出来る|美容外科の有効活用

女性

小顔になるために

カウンセリング

具体的な治療方法

小顔というのは、女性にとって憧れの要素の一つです。そのため、美容外科では小顔になりたいという人は多いです。顔が大きく見える原因というのは、大きく分けて4つに分類されます。まず、脂肪が多いタイプです。下膨れや二重あごなど、脂肪のつき具合によって顔が骨格より大きく見えることは多いです。次に、筋肉の張り方です。いわゆるエラと呼ばれる部位が張っていることで顔が大きく見えてしまうのです。老化が進んでしまうと、皮膚のたるみの影響によって、顔が大きく見えやすくなってしまいます。そして4つめが骨格です。顎の骨が張っていたり、頬骨が張っているためエラになってしまったりと、骨格が原因で顔が余計に大きく見えてしまうことは非常に多いです。異常4つが顔が大きく見えてしまう主な原因であり、コンプレックスになっている場合はこの中から自分の大顔の原因を探し、取り除かなければなりません。東京の美容外科は小顔に憧れる人に最善の施術を提供してくれます。たるみやシワなどを改善するための施術も提供されているので、コンプレックスを抱いているのであれば、東京の美容外科に注目してみると良いでしょう。

脂肪が多い場合は、脂肪吸引やメソシェイプという脂肪融解の薬剤を用いて顔を小さく見せます。筋肉の場合は、ボツリヌストキシン注射を用いて筋肉を弛緩させ張りを解消します。ボツリヌストキシンとはボツリヌス菌のことですがこれは用法用量をきちんと守れば美容整形において絶大な効果を発揮してくれます。そして、骨格が原因の場合は骨を削ることによって顔の形を変えます。これは前述したボツリヌストキシン注射に比べると効果が永久に続くため、根本的な解決に用いることができます。しかし、健康な骨を削るため、一ヶ月ほど痛みが発生するのが問題点ですが、痛みが引けばあとはもう何も問題はありません。東京は人口が多く、小顔にしたいと悩んでいる人の数は非常に多いです。そのため、東京のクリニックでは小顔整形を依頼する人が多いです。よって、人気美容外科クリニックでは様々なノウハウが有り、原因が何であれ満足行く治療を行ってくれることが多いです。